採用情報

天水福祉事業会の“人”

障害福祉部門/作業療法士

山口 勇也やまぐち ゆうや

美容を通して外に出てきてもらいたいな、と思って。

年齢を教えてください

33歳になりました。

こちらにこられて何年目ですか?

4年目になります。

それまでは何をされてたのでしょう?

以前、美容師をやっていたのですが、それから5年ほど勤めたあと、福岡県柳川市というところにリハビリテーションの学園があるんですけども、そこに通っていました。その後、作業療法士というリハビリの資格をとってこちらに。

美容室は、熊本だったんですか?

いえ、福岡県の春日市というところで住み込みで働いていました。

ご出身は福岡ですか?

福岡県の大牟田市というところです。

高校卒業されてまず美容室に?

そうですね、通信で3年間通ったんですけど、秋が入学だったのでそれまでは他の工場で働いたりとかはやりましたけど。

それから作業療法士を取られるために、リハビリに行かれたということですけど、そこのきっかけはなんだったんですか?

わたし自身の両親が元美容師だったので親の背中を見ていました。そこで体がちょっと不自由だったり、心の病気だったり、いろいろなことを抱えた人はお店に行けないていうことで、何かちょっとまあ自分から行ってみたいなという、(例えば)出張で、だとか、思ってました。

そのお客様に実際そういう方がいらっしゃったんですか?

そうですね。なかなかお客さんではなかなか会う機会はなかったんですけど、実際に近くの病院に通わせてもらって、心とかからだとかに障がいを持った人がどうしても外に出ることが難しい。やっぱり美容を通して外に出てきてもらいたいな、と思って。

なるほどですね。ご自分が実際に病院に行って感じられたというかそういうことですか?

そうですね。そこに作業療法士の方がいて、そこで出会ったのがきっかけです。ああ、こういう職業あるんだなと初めて知りました。

そこで違う道が見えたんですね?

そうです。

利用者さんの話を聞いてあげるということが大前提かなと。

この学園はどちらで知られたんですか?

当時の(出身校である)リハビリテーション学院の求人に載っていて、募集はちょうど締め切っていたんですけど、共生というか、いろんな障がいをもった方、保育園だったりだとか、高齢者の方だったりを相手にした職業がないかなと思っていたので。僕の考えと一致したところがあったので選びました。

そういう意味では作業療法士としての最初の職場はこちらだったんですか?

そうですね、はい。

ある意味まったく今までとは違う世界に入られたわけですが、どうでしたか?

そうですね(笑)。やっぱりリハビリテーションの学生時代はやっぱり知的障害の方の施設に実習に行くんですけど、機会があまりないんです。なのでどういう世界なのかな、という、正直不安がありました。

4年経たれて、何か変わってきましたか?

そうですね。最初入ったときはやっぱり言葉が通じなかったりとか、ある程度学生なりに勉強してきたつもりでしたけど、理解というのはちょっと難しかったです。活動とか、一緒に行事とかで共感を得れると、この人はこういう人となりというか、見えてきたので不安は取り抜かれたという感じはします。

では今は、その理解が深まってきてるという感じですね。

そうですね。

興味を持ち出して、少しずつそういう壁がなくなってきてるときに一番大事なことって何だと思いますか?

そうですね。やっぱりよく言われることは、利用者さんの話を聞いてあげるということが大前提かなと。そこから気づきだったり、お互いの思いやりだったりとかが芽生えてくるので。そこから信頼関係が築けていけるのかな、というのは感じています。

これからここで働かれる方々に、求めるとしたらどんなものがありますか?

そうですね、はい。元々僕が美容を好きでやっていたので、やっぱりどうしてもですね、ずっと施設内にいると、どこにも行かないということが続くと、身だしなみだとかどうしても疎かになってしまって。ひげがのびたりですね。職員が自分から自発的にきれいになりたいとか、そういうところからまずは始めて、自分に関心を持ってどんどん外に活動していけたら。いろんな体験をしてもらいたいなというのはあります。はじめは、何もわからないと思うので、まずはやってみるということ。これはしません、これはします、とか、自分の中でレッテルを張るんではなく、いろいろな可能性を持って一緒にやってみて、躓いてしまったら、先輩だったりだとか、仲間がいっぱいいるので相談して成長して欲しいな、という感じはあります。

仕事での思い出のエピソードで、神社のことについて書いてらっしゃいますよね。

はい。毎朝登園時に参拝します。

いつも何かお願いすることはありますか?

健康、というのは、一番気にかけてるところで、健康じゃないと何もチャレンジだとか自分の好きなことができないので。健康第一というのはいつも思ってます。

何気ない言葉があり、みなさんの幸せにつながっているのかな。

髪を切ったら入所者の方、喜ばれるでしょ?

そうですね、気の知れた相手だからいろんなことが言えるのかな、と。そんな気がします。

何か髪を切られたときのエピソードなどはありますか?

なかなか自分の外見にはちょっと疎いというか、そういった方の、男性の方で相当長髪の方がいたんですけど、「イメージを変えてあげたいな」と思って、ちょっとスポーツ刈りに。すると内向的な人でしたが、髪を切った自分の顔にびっくりされて、また周りからも「良くなったね」と。やっぱり髪型一つだけでも、だいぶ周りの反響も変わってくるのかなというのは感じました。

そうですよね、だって今まで自分のなかになかった選択肢ですもんね、きっと。

はい、多分こちらからの提案がなければずっと多分長髪のままかなという。

山口さんにとって福祉というのは一言で言うとなんでしょう?

ひとりひとり役割があるということかな、というのは感じます。先ほど見ていただいたと思うんですけど、体操してるときに、挨拶をされた方。「おはよう」って言って「おはよう」と返す。何気ない言葉があり、みなさんの幸せにつながっているのかな。

Q&A

この職種を選んだ理由は?
作業療法士は身体的な治療を行うだけでなく、精神的な心の治療をすることだと知り、美容と作業療法の両立をしたかった。
今まで人生で出会った人の中で、一番魅力的な人は?
美容師として自営をしていた両親です。
天水生命学園を褒めてください。
全国的にも珍しい、障がい者、高齢者、保育園が共生していること。
働くとは?
経験。日々学ぶということ。
福祉とは?
一人ひとりに役割があるということ。些細なことにも役割があって、お互いに気づかずとも支え合っているということ。
仕事での思い出深いエピソードは?
当法人には神社があります。特に高齢者の方が毎日、一生懸命に拝んでいる姿を見て、神様の存在の凄さを感じます。目に見えないけれど、守られているんだなと感じます。
最近愛しているものは?
陶器集め。小岱焼がお気に入り。
自分に足りないものは?
素直さ
一番好きな本(または映画)は?
貫地谷しほり主演の「くちづけ」
初デートは?
グリーンランド
子供の頃のヒーローorヒロインは?
仮面ライダー
中学・高校時代の部活動は?
陸上。種目は短距離・幅跳び・高跳び・砲丸。
好きなご飯のお供は?
高菜
ドラえもんの道具でもらえるなら?
スモールライト。心配症で、出かける時の荷物が多いので。。
好きなジブリ映画は?
千と千尋の神隠し
犬派? 猫派?
推しの玉名ラーメンは?
番屋
自慢は?
とにかくやってみる
お袋の味は?
オムライス
5年後は何をしていると思う?
社会福祉士の免許取得に頑張っていると思います。

天水福祉事業会の“人”

現在マイナビにて募集に関する詳細と、エントリーを受け付けています。ご興味のある方は是非ご覧ください。

お問い合わせ先

社会福祉法人天水福祉事業会/採用担当 : 國友
電話番号 : 0968-82-3335
メールアドレス : recruit@tensui.or.jp