採用情報

天水福祉事業会の“人”

高齢福祉部門/理学療法士

松下 時人まつした ときひと

老人の、ゆっくりしたところが好きだった。

今おいくつですか?

35です。

今何年目ですか?

今年で6年目ですね。

それまでは?

病院で理学療法士をしてて、縁があってこちらに来たということです。

病院にはどのくらいいらっしゃったんですか?

7年間です。

ご相談を受けられて、決断された理由はなんですか?

入った後に、「社会福祉法人とはどういう役割を果たせばいいか」という事を自分で模索しまして、社会福祉主事を勉強しました。福祉六法など、入社後に勉強して、「福祉とはこうあったほうがいいんじゃないか」と考えながら今はやっているところです。

以前のお勤めになられた道を選ばれたのは?

まず、お年寄りが好きという事と、マッサージが好きというのもあって、母親が理容師をしているのもあり、足がきついとか、肩がこったとかとかいうと、揉んであげてたというのを小さい時からやっていて。ありがとうと言われる事が嬉しかったというのが、なろうと思ったきっかけです。で、なる時に、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士とあってその中で一番マッサージに近かったのが理学療法士だったというところで、今となっては病気も診ながらマッサージもできるという事で、自分の中では良かった仕事でした。国家試験を取る時に、福岡の太宰府天満宮に「受からせて下さい」とお願いしにクラスの皆で行ったんですけど、その時に思ったのが、「人の為に成るから取らせてさせて下さい」と、お願いしたんです。お願いの部分では医療も福祉も変わらないかなと。人の為になると同一の目的なので、今も理学療法士として、人の為に達成できてるかなと思います。

例えば高校生くらいの頃、心がまだ固まってない頃を思い返した時に、周りにはそういう方がいらっしゃったんですか?

友人は皆(目標は)大学ですね。医療が大変とは学生時代に聞いてて。友人の影響よりも、元々生物が点数が良くて興味があって、興味の部分にどんどん突き進んできた部分はあります。

10代後半に「人の為になりたいから」を目標にされる。という事を目標に?

そうですね、身近な人から感謝される事が嬉しかったですね。実習に行くんですけど学生の時に、その時に患者さんと初めて接する上で社会への視野が広がるというか、まあ病気の人がこれだけいて、人の為にという事に広がっていったと思うんです。

実際に6年前にこちらにこられた時どう思われましたか?

え〜と、その前にボランティアに1〜2年毎月1回理学療法士としてちょっとこちらにも来てて。そうですね、たがの里の老人ホームに来てて、リハビリを。骨折はされたけど入院しないで施設の方で治していきましょうという方を見させて頂いて、「医療よりもゆっくりした時間が流れてる」というのが第一印象です。そのゆっくりした時間が何でか? っていうところで、やっぱり「生活の場」っていうのがあって。入所の利用者さん達の生活の場になってて、医療とかは病気になった人が来る。普段の生活をしてて病気になった人が来る場所だったんですけど、その方を集中的に治すというのが仕事としてあったんですけど、それよりも前の段階の、生活をするというところの部分で、流れがゆっくりの時間があって。もう本当に老人を好き理由が、ゆっくりしたところが好きだったんで、そのゆっくりした時間が流れてる職場だなと。

自分の望んでいた世界に、どんどん入っていったと。

そうですね。

水色の飼育図鑑をずっとボロボロになるまで読んでました。

5年後に何をしているか?という質問について、詳しく書いていただきました。「たがの里の周辺が花でたくさんになり、蟹のいる裏の川がビオトープになっている」と。もう少し詳しく教えてください。

裏の川に蟹がいて。生物が好きというところもありまして、蟹とか魚とかに目がいっちゃうんですけど、それをどうにか良い方向に活用できないかなと。玉名の花菖蒲が、祭りがあるんですけど、その花菖蒲を今年買ってきて、まずそこの川に植えるいうことから始まって、で、まずは根っこが増えるというところから蕪が増えるのが始まるみたいで、「2〜3年はかかりますよ」と言われたんですけど、その2〜3年の間に覗けるように周りをしていきたいなというところでビオトープという形が作れればなと。

経過を観察できるように、という事ですね?

はい、そうです。

生物好きはいつからでしょう?

もう小ちゃい頃からですね、保育園の時の頃からバッタとか色んな生き物、あと、図鑑を見るのも好きで、図鑑のところが今となっては人体図鑑じゃないですけど、そういうのも好きで興味で見てて。生物、、、そうですね、水色の飼育図鑑みたいなのが家にあって兄貴から受け継いだものなんですけど、それをずっとボロボロになるまで読んでた記憶ってのがあります。

その人の人生というところで、面で支えていくような支援を

6年間の中でこれは忘れられないなというのはありますか?

理学療法士を病院でやってる分にはしない仕事がたくさんあって、やっぱり社会福祉というところで、生活となると、木とか樹木を伐採したり剪定したり、あとまあ、採った草をトラックで運んだりとか、色んな他の仕事がたくさんあって。その辺が新鮮な所かなと自分では思っています。

最後に、これから入社する方に何を期待してこの場所に来てほしいと?

利用者さんの支援というところなんですけど、幅広い仕事だったり、社会という幅広い視野だったり、というのが身に付くかなと。たとえば色んな事業所があると思うんですけど、うちの事業所とそこの事業所とか。利用者さんとある事業所というのを、点と点を線で結ぶような仕事じゃなくて、やっぱり、その人の人生というところで、面で支えていくような支援を目指してやっていく様なところがあって。そこを考えていっても欲しいし、まあ、考えていける人材になって欲しいです。一つの視野じゃなくて、一つの見方じゃなくて、その人にとってどんな視点がいいのだろうか? というところを考えて欲しいです。そのためには、自分の視野が広がってないといけないなと思いますけど、やっぱり、一つの職業、例えば理学療法士なら、理学療法士だけだと知り得ないことがたくさんあると思うので、社会福祉法人に勤める事によってもっと広い視野をもって利用者さんの支援に望めるかなと。いうのが、ある意味社会福祉法の専門性なのかなと思います。

Q&A

この職場を選んだ理由は?
自分の経験・知識・技術を地域福祉のために生かしたいと思ったから。
今まで人生で出会った人の中で、一番魅力的な人は?
職場でいつも元気な人
ケアビレッジたがの里を褒めてください。
職員全員で協力しあって頑張っている。
働くとは?
他人のためになることをする時間。
福祉とは?
社会におけるコミュニティの一つ。誰もが入れるコミュニティ。
仕事での思い出深いエピソードは?
枯れ木を切り倒したこと
仕事での欠かせないアイテムは?
PC
最近愛しているものは?
心が通じる周りの人たち
人生最大の失くしものは?
小さい頃のおもちゃ、ドラゴンボールのゴム人形。
人生のお手本にしている人は?
お年寄り
自分に足りないものは?
時間
あなたの最大の武器は?
一つのことをいろいろな角度から考えること。
一番好きな本(または映画)は?
心理学の本。生きる意味や対人関係を考えるヒントになるから。
初デートは?
地元の祭り、花火大会。
子供の頃のヒーローorヒロインは?
ドラゴンボールの悟空とブロリー
中学・高校時代の部活動は?
卓球、ボクシング
好きなご飯のお供は?
めかぶ
冷蔵庫に欠かせないものは?
生卵、ベビーハム
最近泣いた事は?
子供が面白いことを言ったので泣き笑いした。
ドラえもんの道具でもらえるなら?
どこでもドア
好きなジブリ映画は?
「もののけ姫」
もらった贈り物で一番嬉しかったものは?
メイドインジャパンの万年筆
犬派? 猫派?
推しの玉名ラーメンは?
桃園
自慢は?
そこそこできることが多い
お袋の味は?
煮しめ、魚の煮付け
今ハマっていることは?
インラインスケート
あなたにとって人生とは?
一人はみんなのために。心と体のエクササイズ
5年後は何をしていると思う?
たがの里周辺の花がたくさんになり、蟹のいる裏の川がビオトープになっている。

天水福祉事業会の“人”

現在マイナビにて募集に関する詳細と、エントリーを受け付けています。ご興味のある方は是非ご覧ください。

お問い合わせ先

社会福祉法人天水福祉事業会/採用担当 : 國友
電話番号 : 0968-82-3335
メールアドレス : recruit@tensui.or.jp